ロゴはブランドを象徴するものです。どこで誰が見てもわかりやすいように、Repro ロゴのご使用に際しては、このガイドラインを併せてご確認ください。

 

Reproのロゴや名前、単語、画像などのあらゆるデザインは、Reproが提供するツールやサービスを定義しています。スポンサーシップとしてReproのロゴを使用したり、見た人が、貴社のブランドを含めた他のブランドと間違って認識したりしないようにしてください。

Reproのロゴは主に2色で構成されています。色のあるロゴは明るい背景に、白いロゴは暗い背景に使用してください。黒いロゴは使用できません。

アイソレーション (保護エリア)

Reproのロゴを使用する際は、見やすくするためにガイドラインに定めた余白を設ける必要があります。保護エリアには画像や文字などを置かないようにしてください。Reproの最後の文字であるoの高さがが保護エリアとなります。

指定書体

Reproは一つの単語です。スペースを挿入しないでください。また、最初の文字は大文字です。

✅ Repro

🚫 repro

🚫 RePro

全て大文字の文章でReproを使用する場合は、REPROという形で使用してください。

✅ YOU CAN SEND PUSH NOTIFICATIONS WITH REPRO.

🚫 YOU CAN SEND PUSH NOTIFICATIONS WITH Repro.

日本語の文章で使用する場合、カタカナ表記を使用していただけますが、英語表記と一緒に使用してください。

✅ Repro(リプロ)

🚫 リプロ

Reproの会社名を使用する場合は、下記のようになっていることを確認して下さい。

✅ Repro株式会社

✅ Repro Inc.

🚫 株式会社Repro

🚫 REPRO株式会社

🚫 リプロ株式会社

禁止事項

ダウンロードする前に、以下の禁止事項を確認してください。

  • 業務提携やスポンサーシップとしてReproを使用しないでください。
  • 断りなくロゴ を編集しないでください。

  • ロゴや「Repro」という名前を貴社の商標やロゴ、ドメイン名などに使用しないでください。
  • ロゴを服や帽子、マグカップなどの商品に使用しないでください。
  • ドメイン名登録や商標登録などをしないでください。
  • Reproと似ている、または混乱を招くような商標やドメイン名、ロゴなどを使用しないでください。

 

このガイドラインは予告なく変更する可能性があります。最新情報についてはwebサイトに載せているので定期的にご確認ください。このガイドラインに同意いただけない場合はReproのロゴの使用をご遠慮ください。

 

ダウンロード

ファイルにはPNGやAI, EPSバージョンのロゴが含まれています。

ロゴのご使用に際して何かご不明な点がありましたら、media@repro.ioまでお問い合わせください。

タグ ,

著者について
Alex Kwa

デザインマネージャー、Repro
Repro創設時からデザイナーとして従事。
ディーター・ラムス、吉岡徳仁と深澤直人を敬愛している。
ストリートブランドSupremeをこよなく愛するノマドワーカー。